トップページ >> 敬和清寂の心 >> 2011年06月30日

6月26日広島稽古 そごう茶会

東京の翌日は広島のお稽古でした。

スタートとはお弟子が2人。

今回は3人になりました。

一歩一歩ですね。精進いたします。


今日のお軸は、
陸羽の六羨歌からの出典であろう、先代宗匠のお軸です。



不羨黄金塁羨西江水です。

訳としては字の如くです。
黄金の塁(とりで)羨まず、西江水(揚子江の水)羨む。

またこの度は、そごうでの茶会を速水流広島支部が設けるということでそちらの方にもご挨拶がてらお邪魔してきました。



初めてそごうの茶会へいきましたが、本当に良い空間で、更に連客の皆様にも恵まれ、非常に心地よい一時でした。
広島支部の皆様にもお疲れ様でした。

今後も良い席を皆様に御持て成しできるよう、また広島でのお稽古を長く続け良き茶人を育てられるよう精進していきたいと思っております。
今後とも宜しくお願いいたします。

コメント(0)

更新:2011年06月30日

6月24日25日 東京南青山 東三季稽古場

皆様御無沙汰しております。

なかなか出張続きで、出先でのスマートフォンでの更新は勇気が出ず・・・。

ごめんなさい。


またこの度は、

便利なアプリができて感謝感激です。

更新できるよう頑張ります。



さて東京稽古場のホームページができて、約2ヶ月が経ちました。

http://hayamiryu-tokyo.com/

そのホームページに写真が載っている稽古場と、また別に東京にての稽古場があります。

今日はそこの紹介です。

東三季という南青山の閑静なところにある、呉服屋。

東京に稽古場を設け、約2年半が経ちます。

その2年半前に色々とご縁を頂きまして、
お稽古を始める場所を提供していただいたお店でございます。

モダンな小間のお茶室で、落ち着いた空間です。


そこでお茶会も開催しているそうですので、
また東三季ホームページを御覧ください。

http://www.silkandzen.co.jp/tousanki/

東三季でのお稽古は第四週の金・土曜日です。

興味をお持ちのかたは是非お問い合わせください。

コメント(0)

更新:2011年06月30日

TOP
< 2011年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
プロフィール
速水宗広
速水宗広
1983年、生を受ける。
六歳より北野天満宮において初点前。以降、家元茶事・茶会に参加。
05年、仏教大学文学部中国語中国文学科卒業。
大学在学中より聖護院献茶式などの半東を務める。
卒業後、茶道速水流に執事補として専従。
教授として稽古場を持ち初心者の稽古を始める。
06年10月〜07年2月まで、近江八幡資料館において、近江八幡市文化振興課の依頼により文化講座の非常勤講師として講義を務める。
07年10月、笠岡の威徳寺の代官茶会において席主を務める。
08年9月、相愛大学にて日本文化論の非常勤講師就任。
08年10月、聖護院門跡にて若宗匠襲名披露。
09年3月、東京南青山の東三李にて稽古場開設。 以降、大阪府八尾の恵光寺、滋賀県中主の錦織寺、東京虎ノ門 寿泉堂、広島不動院にても稽古場を開設。
現在に至る。
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
アクセスカウンタ