3月4月は、

三月の前半は、毎日お稽古でした。
大阪⇨滋賀⇨家元⇨東京⇨広島
と毎日。
正座は慣れてきましたが、
流石に膝が崩壊いたしました。

というのも、
実は、、、
3月の中旬から法事で妻の実家に帰るため(北海道)という勝手な都合で、
稽古日を3月の上旬と下旬に集中させました。

皆様
御協力有難うございました。

しっかりジンギスカンを食べたり、北海道を粛々?と満喫いたしました。



行事としては3月18日の
東京人形町のロイヤルパークホテルに於いての春の茶会、
あとは3月の末には第4回経済人茶会をいたしました。


ロイヤルパークホテルの茶会は、
シトシトと雨が降る日で、お越しにくいところわざわざ有難うございます。
私は家元席で家元の手伝いで半分だけ濃茶を担当させていただきました。
閑静なところで良い場所でした。

27日の経済人茶会は
天気良かったのですが、ピリッと身の引き締まるような日。
皆様の伝統文化に対する気持ちが伝わり、
とても充実した会になりました。
私自身文化にどっぷり浸かっているため、皆様と一緒にいるだけで刺激があり勉強になります。
今後も微力ながら、伝えていきたい志でございます。

写真は北海道満喫しすぎたのが少しふっくらいたしました私の姿です。



また更新いたします。

コメント(2)

更新:2012年05月16日

TOP
< 2012年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
プロフィール
速水宗広
速水宗広
1983年、生を受ける。
六歳より北野天満宮において初点前。以降、家元茶事・茶会に参加。
05年、仏教大学文学部中国語中国文学科卒業。
大学在学中より聖護院献茶式などの半東を務める。
卒業後、茶道速水流に執事補として専従。
教授として稽古場を持ち初心者の稽古を始める。
06年10月〜07年2月まで、近江八幡資料館において、近江八幡市文化振興課の依頼により文化講座の非常勤講師として講義を務める。
07年10月、笠岡の威徳寺の代官茶会において席主を務める。
08年9月、相愛大学にて日本文化論の非常勤講師就任。
08年10月、聖護院門跡にて若宗匠襲名披露。
09年3月、東京南青山の東三李にて稽古場開設。 以降、大阪府八尾の恵光寺、滋賀県中主の錦織寺、東京虎ノ門 寿泉堂、広島不動院にても稽古場を開設。
現在に至る。
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
アクセスカウンタ