トップページ >> 敬和清寂の心 >> 11月27日  時雨茶事。

11月27日  時雨茶事。

本日は時雨茶事という茶杓拝領の茶事の日。

正午の茶事と夜咄(ヨバナシ)の茶事の2回。

1日中お茶事の日です。

正午の茶事の始まりは10:30。

16:00に終わって準備。

夜咄の茶事の始まりは17:30。

終われば22:00。
というお茶事続きの1日です。


しかも私は11:00からの未生流の笹岡さんの襲名式にも招待いただき1日ハードなスケジュールでした。

会場がウェスティン都だったので、京都のこの観光シーズンで一番多い時、

無事にたどり着け帰れるかドキドキしながらも、

正午の茶事の炭点前を終え、ウェスティン都へ。

遅れながらも、参加させていただきました。

1000人の規模の襲名披露の宴。

あいさつに来られた時のあの雰囲気。
本当にその人徳に感激をいたしました。

色々と見習いたいと思います。




さて、披露宴を終えすぐに家元へ。
再び茶事に戻りました。

正午の茶事を終え、また準備をし、

夜咄の茶事を。

夜咄茶事は、電気はつかわず蝋燭だけを使ったお茶事です。
言うまでもなく、まったくの別世界です。


写真で風情を感じてください。


このお茶室で茶事が行われます。明りは蝋燭です。


炭点前です。夜咄茶事では初めてで、はじめは手元が暗くてお点前できるか不安でしたが、
目が慣れると良く見え不安解消。しっかりお点前できました。


家元の庭は、北野天満宮を借景としてまして、紅葉の時期は最高に美しい庭に変わります。


茶事のメインのお濃茶の席。床のお花です。

このようにして茶事が行われます。
しかし夜咄の茶事を終えて、電気のついてる部屋にいくとホッしました。
電気というのは今の世の中に必需な物だと切実に感じました。

コメント(0)

更新:2011年12月01日

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。

この記事へコメントする

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
TOP
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
プロフィール
速水宗広
速水宗広
1983年、生を受ける。
六歳より北野天満宮において初点前。以降、家元茶事・茶会に参加。
05年、仏教大学文学部中国語中国文学科卒業。
大学在学中より聖護院献茶式などの半東を務める。
卒業後、茶道速水流に執事補として専従。
教授として稽古場を持ち初心者の稽古を始める。
06年10月〜07年2月まで、近江八幡資料館において、近江八幡市文化振興課の依頼により文化講座の非常勤講師として講義を務める。
07年10月、笠岡の威徳寺の代官茶会において席主を務める。
08年9月、相愛大学にて日本文化論の非常勤講師就任。
08年10月、聖護院門跡にて若宗匠襲名披露。
09年3月、東京南青山の東三李にて稽古場開設。 以降、大阪府八尾の恵光寺、滋賀県中主の錦織寺、東京虎ノ門 寿泉堂、広島不動院にても稽古場を開設。
現在に至る。
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
アクセスカウンタ